最新の医療機器を導入

当院では世界水準の医療用機器を多数導入しています。高性能の洗浄・滅菌システムや欧米では広く普及している光線力学療法に加えて、3次元診断が可能なCT装置、CT画像から金属アーチファクトを除去するソフトウェア、世界に先駆けて先行発売された白色のダイレクトクラウンなど多数です。そのうち何点かを紹介します。

診療台

診療台

当院の診察室は、自然光が入るように作られており、患者さんには広い診療スペースで安心に治療を受けてもらっております。
また、プライバシーに配慮するため診察台ごとに区切られているので安全です。

マイクロスコープ・CTなどを完備

東札幌緑の杜歯科クリニックでは、皆様に質の高い治療を提供するために、「マイクロスコープ」「CT」「デジタル顎運動測定器」などの最新の医療機器を導入しています。

マイクロスコープ

患部を何十倍にも拡大して観察できる歯科治療用実体顕微鏡です。根管部分など、肉眼だけでは治療することが難しい箇所も、マイクロスコープを用いることで細部まできちんと把握でき、より精度を高めて治療することが可能となります。

CT

高性能歯顎顔面CT撮影機を導入しました。一般の歯科用レントゲンで見えなかった部分が容易に確認でき、より安全で正確な診断を行うことができるようになりました。インプラント、親知らずの抜歯など幅広い応用が可能で治療の安全性を飛躍的に高めます。一回の撮影でアゴ全体を網羅することができ、フルスキャンで撮影するため高細精な画像が得られます。また金属アーチファクトを除去するソフトウェアも導入しています。
当院では医療関係者の皆様の求めに応じCT撮影の依頼を受け付けております。

その他設備

光殺菌装置 FotoSan 630

光殺菌(LAD:Light Activated Disinfection)による最新の歯周病治療システムです。インプラント周囲炎に対しても効果的で世界が注目している最先端の技術です。当院ではCMS dental社の光殺菌装置「FotoSan 630」を導入しております。
光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法で、抗生物質を使わないため耐性菌の心配もありません。痛みもなく短時間で終わりますので安心して治療を受けて頂けます。
FotoSan 630は日本ではまだ未承認医療機器ですが、当院ではその安全性と効果を確認の上、医師の裁量の基に治療に取り入れてます。

クラスBオートクレーブ リサ

院内感染を防止するため、お口の中に入るすべての治療器具を患者様ごとに、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にかけて滅菌処理を施しています。当院が導入したクラスBのオートクレーブは、世界水準の消毒滅菌システムです。最も厳しいヨーロッパ基準をクリアし「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。狂牛病(牛海綿状脳症BSE)の原因とされるプリオンさえ不活化させることも可能です。

半調節性咬合器

健康で美しく、快適な生活をおくるためには、健全な噛み合わせが必要です。そのような噛み合わせを得るためには、装着物を精密に作るための器械(半調節性咬合器)を用意しています。当院では、この器械を使用して患者さんの健康な歯を作っています。