緑の杜歯科クリニックの詰め物・被せ物

一番大事にしているのは補綴物の精度

白くて透明感のある詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を入れることで、口元の印象を良くすることも大切ですが、目的はそれだけではありません。治療によって削った歯を健康な状態へと導くことが何よりも大切で、そのためには補綴物(詰め物・被せ物)の精度が重要となります。

当院ではこの「補綴物の精度」を一番大事に考えていて、歯に対して補綴物が過不足なく高い精度で適合しているか、細心の注意を払って治療を行っています。
いくら白くて美しい補綴物であったとしても、適合が甘いとそこから細菌感染して二次カリエス(虫歯の再発)が起こり、痛みやしみなどの症状が生じてものがきちんと噛めなくなります。
しかし、適合精度が高ければそうしたトラブルが回避できるようになり、治療によって改善された口腔内の健康状態が維持され、結果、問題なくものが噛めるようになります。

信頼のおける歯科技工士と連携

適合性の高い補綴物により、健康なお口を維持してものが噛めるようになったとしても、噛み合わせの状態によっては「ものが噛み切れない」ということが起こる方もいます。こうした時、重要となるのが歯科技工士の技量です。

当院では保険治療と自費治療で依頼する歯科技工士を分けていて、自費治療の際に依頼する歯科技工士は保険治療を受注しない「自費治療専門の歯科技工士」で、高い技術力を持った信頼のおける歯科技工士です。
こうした歯科技工士と密に連携し、その方のお口に合った補綴物をご提供するようにしています。

健康と安全が担保されていることが必須条件

白くて美しい歯を入れたばかりなのに、「歯茎から血がでる」「ムズムズすることがある」「噛むと違和感がある」歯茎に白く膨れたものがある」などのことでお困りの方もおられます。
こうしたことでお悩みでしたら、一度当院へご相談ください。

当院の詰め物・被せ物の治療では、最終的に「患者さんの笑顔をデザインする」ことを目標としていますが、そのためにも「健康と安全が担保されていること」が必須条件だと考えています。
つまり、当院では詰め物・被せ物の治療を特別なものとはとらえておらず、「天然歯の生涯維持」という基本理念の延長上にあります。
当院ではこの考えに基づき、お一人おひとり丁寧に治療計画を立てていきます。

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

セラミックだけで作製された補綴物で、天然歯に近い白さ・透明感が再現できます。
保険の材料と比べて適合性が高く、また汚れが付着しにくいので二次カリエスのリスクが低減できます。
また金属不使用なので、金属アレルギーの心配はありません。

ジルコニア

人工ダイアモンドにも使用される「ジルコニア」で作製された補綴物で、強度・靱性に優れています。
さらに汚れが付着しにくく、変色にも強いという特徴もあります。

E-MAX

特殊なセラミック素材で作製された補綴物で、透明度の高さが特徴的です。
前歯など、人目につきやすい部分での使用がおすすめです。

メタルボンドポーセレン

金属の上にセラミックを焼き付けた補綴物で、適合精度が高く、まわりの歯の色調に合わせて作製できるほか、前歯、奥歯に関わらず使用することができるなどの特徴があります。

ゴールドクラウン

金合金や白金加金(※金にプラチナを加えたもの)で作製された補綴物です。
適合精度が高く、耐久性に優れているので長持ちさせやすいです。
そのほか、錆びにくいので金属アレルギーの原因になりにくい、天然歯に近い硬度なので、周囲の歯を傷つけにくいなどの特徴があります。

その他の治療方法

ラミネートべニア

歯の表面をごくわずかだけ削り、そこにラミネートの板を張り付けることで審美性や機能性を改善させる治療方法です。
ホワイトニングでは効果が得られなかった歯も、短期間で白くすることが可能です。
また、すきっ歯や前歯の傾きなど、軽度の不正咬合の改善も可能です。

ダイレクトレジン修復法

歯が欠けた部分やすきっ歯などに詰め物を詰め、光照射により硬化させることで歯を修復する治療方法です。
通常の詰め物と比べて歯を削る量が少なくて済むため、できる限り歯を削りたくないという方におすすめです。